評価の高い美容施術

女性

信頼できるクリニックの選び方

注射を打つだけで簡単に小顔になれるとして、外科手術的な美容整形ではなくボトックス注射による小顔矯正を選ぶ人が増えています。しかし、ボトックス注射が手軽にできる施術だからといって、どのクリニックで行っても同じ仕上がりになるわけではありません。注入する量が多すぎると不自然になったり、少なすぎると効果が現れにくくなったりするため、経験豊富な医師が在籍するクリニックを選ぶことが大切になります。医師の経験はどのようにして判断できるかというと、クリニックのホームページに掲載されている経歴を見るとある程度のことが分かります。ボトックス認定医として認められていたり、症例数が多かったりする場合は、信頼して任せられる医師と判断して良いでしょう。口コミでの評判も参考になります。そして、相場に見合った料金であることも重要な基準です。安いからといって飛びつくと、経験の浅い医師による施術や粗悪なボトックス製剤を注入されるなど、納得のいかない施術を受けることになりかねません。ボトックス製剤は、厚生労働省やFDAに認可されている認可薬と未認可のものがあります。安全性や効果の高さを求めるなら、認可薬による施術を推奨してくれるクリニックを選ぶのが賢明でしょう。

ボトックス注射で可能な小顔施術は、エラの縮小とたるみの解消の2通りがあります。エラが張っているために顔が大きく見える場合は、エラにボトックスを注入する小顔施術を受けると良いでしょう。ただし、骨格の出っ張りによるエラではなく、筋肉性のエラのみに効果があります。筋肉性のエラにボトックスを注入すると筋肉が萎縮して小さくなり、すっきりとしたフェイスラインになれます。3ヶ月から6か月ごとに注射を繰り返せば、効果を持続することが可能です。8回ほど繰り返すと筋肉が発達しなくなり、半永久的に小顔を手に入れることもできます。たるみによって顔が大きく見える場合は、リフトアップ効果のあるボトックス注射を受けるのが最適です。肌を下垂させる筋肉に薬剤を注入し、引き上げ作用のある筋肉を優位にしてたるみを解消する施術です。皮膚の浅い位置に100か所以上の注射を行うので、針穴修復のためにコラーゲンも活発に生成され、肌にハリが出るという効果もあります。たるんだ肌を引き上げ、ハリを出すことで小顔効果を得ることができます。効果の持続期間は4ヶ月から5カ月に1回のペースで注射を繰り返せば、効果を持続することが可能です。また、注射を繰り返して下垂させる筋肉が弱まると、再注入の必要もなくなります。

Copyright© 2020 施術で持参した方が良いモノと副作用の少なさ All Rights Reserved.