ダウンタイムがない

受付

施術にかかる費用

美容整形で小顔になりたい人で人気となっているのがボトックス注射です。この人気の理由の一つにダウンタイムがほとんどないことを挙げることができるでしょう。ダウンタイムとは施術をしてから傷や腫れなどが回復するまでの時間のことですが、多くの美容整形の場合、ダウンタイムまで安静にしなくてはなりません。そのため、仕事をしている女性にしては、ダウンタイムの間ずっと会社を休む必要があるため、ハードルが非常に高いのがデメリットとなっています。一方、ボトックス注射は名前の通り注射のみなので傷はすぐに治りますし、さらに、腫れることが少なく仮に腫れても数時間から長くても2〜3日ほどで治ります。その腫れも注射した部位が小さく赤く膨らむことがほとんどなのでメイクで隠すことができるのです。しかも、施術にかかる時間は数十分と短時間で済んでしまうのもボトックス注射の特徴で、クリニックによってはそのままメイクをして帰宅することもできます。もちろん、休日や仕事帰りに施術してもらって、そのまま帰宅することができますし、その翌日から仕事をすることも十分に可能です。小顔のためのボトックス注射は、忙しい女性にとってとても実用性のある美容整形として高く評価されています。

小顔のためのボトックス注射の相場は、美容クリニックにもよって違いがあるものの凡そ5万円から15万円の間となっています。なぜそれだけの幅があるのかというと、一番の理由は利用者の体質のエラによって異なるためです。体質的にボトックス注射が効きにくかったり、エラが大きく張っている場合は、それだけ多くの本数の注射を打つ必要がでてきます。その本数の分だけ費用がかかってしまうため、相場にも開きが生まれてくるわけです。またボトックス注射の製薬メーカーによっても多少の費用に開きがあります。もしも、どれほどの費用がかかるのか不安だという人は、一度美容クリニックでカウンセリングを受けて見るのも悪くありません。多くのクリニックでは無料でカウンセリングしているところが多く、そのときどのくらいの費用がかかるかある程度検討を付けることができるでしょう。また、施術後に小顔効果が現れればいいのですが、体質によっては効果があまり現れないケースもあります。その場合は、再度ボトックス注射をすることで効果を得られる可能性もあり、当然その都度費用がかかります。もしも、ボトックス注射で小顔になりたいと考えている人はその辺も留意しておいた方が良いでしょう。

Copyright© 2020 施術で持参した方が良いモノと副作用の少なさ All Rights Reserved.