簡単に顔を小さく

注射器 頭蓋骨を削らなくても、美容に特化したクリニックで提供されている注射を使えば小顔になることが可能です。エラボトックスは短時間の施術で長時間の効果をもたらしてくれるので、顔を小さくしたいのなら施術を頼みましょう。

詳しく見る

評価の高い美容施術

女性 ボトックスの小顔施術には、エラを縮小とたるみ解消の2種類の方法があります。エラに製剤を注入するとエラが縮小されすっきりしたフェイスラインになり、肌を下垂させる筋肉に注入すると引き上げ作用のある筋肉が優位になりたるみが解消されます。

詳しく見る

帰宅するための準備

カウンセリング

デメリットよりメリットが大きい

美容整形で小顔のためのボトックス注射を施すとき、持参した方が良いものがあります。まず重要なのは支払いですが、現金払いだけでなくクレジットカードが使えるところも多いので、お好みの支払い方法を選ぶと良いでしょう。最近ではローンを組めるところもあるため、そちらを利用するのも一つの方法です。そして、忘れてはいけないのが帰宅するためのグッズです。というのも、ボトックス注射を施すためには、一度メイクを取らなくてはならないため、帰宅後はスッピンとなってしまいます。スッピンのまま帰るのに抵抗がないなら別にかまいませんが、それに抵抗があるというなら日頃使っているメイク道具を持参した方が良いでしょう。多くの美容クリニックでは、メイクできる場所を設けているので安心です。また、クリニックや注射する部位によっては、しばらくメイクを控えるように医師から指導を受けることもあります。そのときのために、顔を大きく覆えるマスクを持参して、それを使って帰宅するのをオススメします。自動車で通院するならスッピンでも抵抗がないかもしれません。小顔のためのボトックス注射では、ほとんど麻酔を使いませんし、使うとしても麻酔クリームで注入する部位だけ痛みを取り除くため自動車での帰宅も可能となっています。

小顔のためのボトックス注射がなぜ注目されているかと言うと、その理由の一つが副作用が少ない一方で高い効果が得られることにあります。この注射の成分はボツリヌス菌の神経毒を用いていますが、人体に影響を及ぼさない程度に無毒化されているため副作用が少ないのです。よく言われる副作用には赤く腫れることが指摘されますが、これも長くても数日以内には腫れが治まるのでメイクで隠すことができます。その一方、美容効果を得るための筋肉の弛緩作用は残しており、小顔になるためのエラの縮小への効果が医学的にも実証されています。つまり、デメリットが少ない割にメリットが大きいわけです。ボトックス注射を施してすぐに効果が表れるというわけではありませんが、次第に効果が期待できるでしょう。その期間は、ボトックスの種類や体質によって誤差が生じますが、約3週間から1か月ほどだと言われています。この次第に効果が表れることは、美容整形をしても周囲にそれを察知されないというメリットにも繋がります。このような安心感から、顔のエラの大きさに悩みを解消するために、ボトックス注射の美容整形をする人が近年増加しているわけです。一昔前まで利用者のほとんど女性のみでしたが、最近では男性でも利用される人が増えてきています。

気軽にできるプチ整形

エステティシャン ボトックスには筋肉を弛緩させる作用があるため、筋肉性のエラに注入することでエラを縮小させて小顔にすることができます。効果の持続期間は3か月から半年ほどで、継続して注射を続けると持続期間も長くなっていきます。

詳しく見る

ダウンタイムがない

受付 小顔になるための美容整形は、ダウンタイムがほとんどないメリットからボトックス注射が選ばれることが多いです。その相場に5万円から15万円ほどの開きがあるのは、利用者の体質やエラの大きさなどによって注射の本数が異なるためです。

詳しく見る

Copyright© 2020 施術で持参した方が良いモノと副作用の少なさ All Rights Reserved.